Tenor Saxophone 西村有香里のブログ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2008ニューヨーク旅行記14

2008/10/6

先日連絡を取った深尾多恵子さんとお会いする約束の日。
どんな方だろう、と、ドキドキわくわくしながら指定された場所へ向かいました。

とあるオフィスを訪ねると、多恵子さんが迎えてくれました。
そこでご挨拶をさせていただく。
とても気さくでステキな方。
NYに来て、もう10年になるそうです。

会って間もないのに、早速ですが
ちょうどその日、NYに住む女性JAZZミュージシャンの集まりがあるとのことで
多恵子さんに連れて行っていただきました。
場所は駅からすぐの教会。
この教会はミュージシャンのお葬式をよくやる場所だそうで、
ジョンコルトレーンもここでやったそうです。

前からあった会だけど、ここ最近はあまり活動してなかったようで、
今後本格的にイベントをしたりして、盛り上げて行きたい!という事で
話し合いをされていました。

色んな30代~60代以上の幅広い年齢の方がいらっしゃいましたが
皆さん元気でパワフル!

そして、皆さんそれぞれNYで活躍されている方々のようでした。
最初自己紹介をした後(もちろん私も!)
セッションが始まりました。

私も少し参加させていただきました。
もちろん多恵子さんも一緒に、枯葉を演奏。
そこで初めて多恵子さんの歌を聞きました。ステキ♪

他の人も順番に演奏。
女性が年を重ねても音楽を続けていて、頑張っているというのは、心強い!

多恵子さんもこの会の正式なメンバーとして参加されていて、盛り上げたいと思っておられるようでした。
女性ジャズミュージシャンによるジャズフェスの企画もあるそうです!
面白そう♪

会が終わった後、ダウンタウンのARTURO'Sというピザ屋さんで多恵子さんの知り合いがライブをやっていて、しかもそこのピザが美味しい!ということで
ご飯を食べるのも兼ねて行きました。

店に入ると大勢のお客さんで賑わっていました。

大きなピザ~!!!
2008NY13,1
2枚でお腹いっぱい。

そのお店で多恵子さんの音楽パートナーDOUG RICHARDSONさんも合流。

ごはんはライブが見えない奥のほうの席で食べてたので
食べ終わってから入り口側の演奏が見える席に移動。

この日のライブはハリーさんというピアニストのトリオ。
そして私も多恵子さんと共にライブにも飛び入りさせていただきました。

その後、ハープ&ヴォーカルのおじさんのバックでもブルースを1曲。
歌いながらハープも吹くおじさん。皆見さんを思い出しました(笑)
2008NY13,2

全然知らない方々なのに、すぐに飛び入りさせていただけるなんて…。
とりあえず一生懸命吹いてみました。
なんか盛り上がった様子。楽しい~♪

美味しいピザをたらふくいただいて、更に残った分はお持ち帰りまでさせていただく。
お腹いっぱいで店を出て、帰りの電車のルートをDOUGさんと確認中。
2008NY13,3

手にはお持ち帰りのピザ(笑)


多恵子さんも、DOUGさんも、今日お会いしたばかりなのに
とっても温かくて、素敵なお2人でした。
帰りも駅まで送ってくださいました。

3日後にお2人が出演されるライブにも伺う約束をして、別れました。

感謝。
温かい気持ちで帰宅したのでした。
スポンサーサイト

| 旅行 | 02:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukarisax.blog78.fc2.com/tb.php/344-ef2ab5e7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT