Tenor Saxophone 西村有香里のブログ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2008ニューヨーク旅行記16

2008/10/8

夜の初ギグに備えて、昼間は滞在先でウォーミングアップ。
とても緊張。

ライブは18:30~21:00ということで、18時くらいにお店に着くが、まだ誰もいない…。
しばらくすると昨日のPaul登場!!!ちょっと安心。

Paul「もう1人日本人のTpも来るよ」と。
それは心強い!

しばらくしてTpの方が来られました。
リョウさんというNY在住の方でした。

ドラムは黒人さんで、ベースは韓国人でNYUの学生さん。
ごあいさつもそこそこに、ドキドキしながらも、スタンダードを中心に2ステージ演奏させていただきました。

リョウさんのトランペットも素晴らしい!

1ステージ目の後には、なんと、まなかいまでいただく。
とっても大きなハンバーガー♪完食!
美味しかった♪

チップ制のライブでしたが、終了後集まった僅かなチップを
恐れ多くもPaulは私にも分けてくださいました

・・・

感激。。

NYで演奏して初めてお金をいただいちゃいました…。
この事は一生忘れないな!ありがとうPaul。

しかも日曜もまた演奏あるから、来てもいいよって言ってくれました。
でも今度は上手いサックス奏者が来るかもしれないそうです。



リョウさんとも色々お話させていただきました。
NYに来て2年半ほどで、公園でストリートなどもされているそうです。
その話を聞いて思い出したのが先日セントラルパークを散歩していた時の事。
もしかしてあのとき演奏していたのは亮さんだったかも・・・!?

と思ってあらためて写真を確認すると、ビンゴ!
2008NY15,1

レストランでの演奏後、リョウさんがFat Catに行くとの事で
私もお供させていただくことに。

Fat Catでは、Tpの人のリーダーバンドが演奏していました。
トロンボーンと2管。
クラブジャズっぽい感じでかっこよくて、素晴らしい演奏でした。

後半のセットではブライアンブレイドのバンドで吹いているという
バリバリのサックスのお兄さん登場。
すごすぎたΣ( ̄□ ̄)!
更に、最後の曲でソプラノのお兄さんも登場。
これまた最強に上手い。ソプラノであんな音量出るの!?ってビックリしました。

ベースも途中で違う人に代わったのですが
この人がメッチャ上手い…上手すぎ。
(上手い、とかスゴイとかしか表現パターンが無くてスイマセン…)
このベースのお兄さん、何者やろー!?と思っていたら、
演奏終了後、そのお兄さんと少し話したのですが、
日本でヴァージンレコードからCDを出してるみたいで、なかなかスゴイ人らしい。
名刺もらいました。


そして、ここでもPaulに会いました(笑)
よく会うなぁ。

ライブ終了後は、別のセッションホストがやってきて、1時間ほど演奏。
そして深夜2時頃からセッションが始まりました。

1曲目が知ってる曲だったので、思い切って参加。
2曲目以降はわからなかったので観戦。
さっきの上手いテナーのお兄さんが吹きまくってましたが
すごすぎました。
これ、セッション!?
すっかり観客気分。

すっかり時間が遅くなってしまったので、私は帰る事に。
ちなみに、このセッション、ミュージシャンは無料。


・・・NYはすごい。


明日は先日連絡を取ったサックスプレーヤーのレッスンに行って
夜は深尾多恵子さんのライブにお邪魔する予定!

NY滞在、充実してきた!


スポンサーサイト

| 旅行 | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukarisax.blog78.fc2.com/tb.php/346-bd5ce708

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT