Tenor Saxophone 西村有香里のブログ 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2008ニューヨーク旅行記28

2008.10.20

いよいよ帰国が明日に迫り、NYでゆっくり過ごせるのは今日が最後。

昼から、Lew Tabackin氏のレッスンになんとご自宅に伺う。
Lew Tabackin氏はワインが大好きなので、お土産におつまみになりそうなチーズを数種類買って行く。
約束の時間より早めに着きそうだったので、セントラルパークを少し散歩。
840494_415377886_1large.jpg
840494_415377884_1large.jpg
840494_415377883_1large.jpg
840494_415377882_1large.jpg

とってものどかで、天気も良くて、緊張もほぐれる。明日帰るのがサミシイ。

時間が来たので、ご自宅に向かう。
セントラルパークのすぐ近くの閑静な地域。

チャイムを鳴らすとルーさんが迎えてくれました。

奥様の秋吉さんがいらっしゃるかどうか分からなかったで
緊張していましたが、今は日本ツアー中でお留守のよう。。。

お土産を渡して、世間話もそこそこに
早速レッスンしてもらうため、地下の部屋に案内してもらう。

玄関は地上1階なのですが、レッスンしてもらったのは、
地下3階の部屋でした。

どうやって運び入れたのか、グランドピアノも置いてあります。
(各階にピアノがあるそうです。)

ルーさんのレッスンは1年前に日本ツアーの合間に受けて以来2回目。

この日のレッスンも録音させてもらう。

以下レッスン内容メモ
----------------------------------------------
「まず何でもいいから1曲吹いて」と言われ聞いてもらう。
前回よりも良くなっていると褒めていただくものの、
色々アドバイスをもらう。

・音の終わり
演奏する時は常に音の終わり方を気をつけなければならない。
とても大事な事。音の終わりは、その人の「サイン」のようなもので
「ゆかり」のサインをしっかり音の終わりに入れなさい。

・アドリブもいい感じだし、もっと勉強し続けて!退屈なエクササイズもあるけど(笑)それはきっと力になるから。

・まず大事な事はたくさんの素晴らしいプレイヤーの演奏を聞いて
歴史をもっと学ぶこと。1930年代からのColeman Hawkins、Lester Young など。たくさん本もあるから、もっと読むこと!

・自分の心を演奏に映し出すことを、決して恐れないでいい。ジャズを演奏するときは、もっと自由になっていい。心を解放して。悲しくなったり、楽しくなったり、クレージーになったり、特に日本人はそういうことが得意ではない。

・息のコントロール メロディーの作り方、そして、心の感情をどうやって演奏に映し出すか。
テクニックも大事だが、そればかりでストーリーが無かったらダメ。
アドリブをする上で、自分のストーリーをしっかり作っていく事が大事。

・もっとハーモニーを勉強すること。

・Space has rhythm!8分音符ばかりじゃなくて、もっとスペースを。
練習は8分音符でいいけど、演奏する時は周りを良く聞いて!
若いプレーヤーは8分音符ばっかり続けて吹くけど、それはとっても退屈。
まるでエクササイズを聞いてるみたい。

・演奏する時は、まるで自分の曲のように、自分の心をオープンにして!!!
・自分のサウンドと、演奏している全ての音をよく聞くこと。自分自身が一番の聴衆のつもりで。

・曲を練習するときに、すごくゆっくりするのもいい練習。ちょっとずつ早くしていって、でも同じサウンドをキープすること!素晴らしいプレイヤーは曲が速くても遅くても同じサウンドをキープできる。


・楽器を自分の体の一部のように感じること。ストラップ無しで毎日5分練習する。ストラップ無い状態がすごくいいバランスで楽器を支えられる。


・ルーさんは一日中こもって練習している、時々クレイジーになってきて最後10分間は、クローゼットの中にこもって好きなように吹き散らかすそうです(笑)そのまま吹いたら、奥様にうるさいって怒られるからだって。

・ブルースをもっと吹きなさい

・貴重なルーさんとのデュオもさせて頂く・・・。

・更にルーさんが使っていない、マウスピースまでいただく・・・。その他、具体的なサックスのテクニックも直伝してもらいました

・前回教えてもらった、息の使い方についても、再確認。もっとお腹パワーを意識して、たくさんの息を入れて温かいサウンドを!


しかもルーさんは、実際にたくさんご自身もサックスを吹いて例を挙げながら丁寧にレッスンしてくださいました。

今思えば、なんて贅沢な時間だったことか。
----------------------------------------------------------------

レッスン終わってから、一緒に外へ出て、駅前のカフェで
ルーさんと一緒にコーヒーを飲む。
本当にルーさんは、温かい。

最後の最後でルーさんのレッスンが受けられて本当に良かった!



一旦帰宅して帰国準備を少しした後、もう一度マンハッタンを歩いておきたくて出かける
840494_415377895_1large.jpg

チャイナタウンを通って、SOHOを通り、グリニッジビレッジへ。
840494_415377892_1large.jpg

840494_415377891_1large.jpg


BLUE NOTEもパチリ。
840494_415377897_1large.jpg

マンハッタンを満喫して帰宅。

いよいよ明日帰国です。
スポンサーサイト

| 旅行 | 03:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ゆかりさんへ

お元気ですか?
日記が途中になっていたのに気がつきましたね!
長い間待ちましたよ(笑)

取り急ぎピックアップで読みましたが この回のレッスンの話は ものすごく勉強になりました。
最近 師匠もおんなじこと言ってます。

この旅は 始めから終わりまで とても有意義で充実した内容で 本当によかったですね。
ゆかりさんをはじめて知った時より ライブの数がものすごく多くなっているのは 凄く成長された証ですよ。

追求は終わりがないけど がんばって いいサウンドを世に配信してくださいね。

私も すごく後ろのほうで 追いかけていますから!

今年も 2ヶ月切ってますが いい年でありますようにね。

| kintaro | 2010/11/12 22:06 | URL | ≫ EDIT

kintaroさま

お久しぶりです。お元気ですか?

NY日記、待っていてくださってありがとうございます(笑)
長い間、引っ張ってしまいましたが、ようやく自分の中で消化できたから、書く気になったのだと思います。

たくさん得るものがありましたが、一番わかったのは、自分はまだまだで、学ぶべき事が山ほどあるっていう事と、音楽の素晴らしさです。
これだからやめられません

kintaroさんも、着々とレッスンを重ねパワーアップされているようで、私も頑張らなければと思います

少しずつでも、前に進んでいけたら幸せです。

お互い頑張りましょうね

またブログ遊びに行きます!

| ゆかりん | 2010/11/15 01:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yukarisax.blog78.fc2.com/tb.php/358-e886ad96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT